顔のモデリングをする

顔のモデリングをやってみた!

モデリング編_011__0000

モデリング編_011__0001

モデリング編_011__0002

モデリング編_011__0003

六角大王での顔のモデリング

モデリング編_019__0000

前回保存したモデルのファイルを
六角大王SUPER6で開きます。
モデルが入っているレイヤーの名前を「下絵」に変更してください。

モデリング編_019__0001

メニューバーのウィンドウ(W)→ 4面図(F)を選択してください。
初めてのときは警告文が出ますが、そのままOKを押してください。

モデリング編_019__0002

4面図になったら、顔のレイヤーを作って選択してください。

モデリング編_019__0003

頂点選択ツールで下絵の顔の部分を囲むようにして選択します。

モデリング編_020__0000

右クリックしてコピー(C) を選択します。

モデリング編_020__0001

顔のレイヤーを選択します。ない場合は作ってください。

モデリング編_020__0002

メニューバーの編集(E)→ 高度な編集(X)
→ 同じ位置に貼り付け(V)を選択します。

モデリング編_020__0003

下絵のレイヤーの目玉マークをクリックして、閉じた目にします。

モデリング編_021__0000

顔だけが表示される形になります。

モデリング編_021__0001

頂点選択ツールとデリートキーで目、鼻、口、まゆ、輪郭以外は
削除してください。

モデリング編_021__0002

頂点選択ツールで、図のように頂点を移動して横顔を編集してください。
頂点の位置は、ご自身が納得のいく場所にしてください。

モデリング編_021__0003

線入力ツールで、まつげのモデリングを図のようにします。

モデリング編_022__0000

線入力ツールで鼻の輪郭を横顔に入力します。

モデリング編_022__0001

図のように目と輪郭、口をつなぐように縦線をモデリングします。

モデリング編_022__0002

図のように今度は横線で頂点をつないでいきます。
縦横とつなぎますが、必ず四角形か三角形になるようにしないと、
顔に穴があきます。
慣れるまでは、根気よく納得のいくまで行ってください。

ツールウィンドウの色の部分をクリックして、パレットから肌色を選択します。

モデリング編_022__0003

メニューバーの加工(P)→ すべてに面を張る(B)を選択します。

モデリング編_023__0000

頭全体の形を横顔に入力します。

モデリング編_023__0001

モデリング編_023__0002

線入力ツールで縦線を入力します。

モデリング編_023__0003

横の線で縦の頂点をつなぎ、形が変な所を移動して修正します。

モデリング編_024__0001

面を張ります。
同じ要領で残りをモデリングしていきます。

モデリング編_024__0002

面を張ります。

モデリング編_024__0003

まつげに墨入れをします。
シフトキーを押しながら頂点選択ツールで、
まつげの部分の線を図のように選択していきます。

モデリング編_025__0000

ツールウィンドウで色を黒に選択して、バケツツールを選択します。

モデリング編_025__0001

バケツツールで選択された面をクリックしましょう。

モデリング編_025__0002

次に白目を作ります。
持ち上げツールを選択して、

モデリング編_025__0003

シフトキーを押しながら頂点選択ツールで、
白目の輪郭に沿って線を選択していきます。

モデリング編_026__0000

白目の部分を奥にドラッグして持ち上げます。

モデリング編_026__0001

ツールウィンドウの拡大縮小ツールを選択して、

モデリング編_026__0002

持ち上げた白目をドラッグしながらやや小さくします。

モデリング編_026__0003

白目のフタをします。

モデリング編_027__0000

次に、口の中を作ります。
画面を右クリックして、線だけ表示を選択します。

モデリング編_027__0001

要領は同じです。
唇の頂点から縦線を引っ張って横線でつなぎ、
最後にフタをします。

側面をモデリングして、

モデリング編_027__0002

最後に全てに面を張るでフタをします。

モデリング編_027__0003

口の中の色を選択して面を貼ります。

顔のモデルができましたね。
次は目玉入れです。

モデリング編_028__0000

次にカクカクを滑らかにします。
頂点選択ツールで、目の周りと口をShiftキーを押しながら
図のように選択していきます。

モデリング編_028__0001

加工(P)→鋭角にする(G)をクリック

モデリング編_028__0002

表示(V) →表示設定(Q)をクリック。

モデリング編_028__0003

表示環境のタブのラジオボタン鋭角率と骨組み影響範囲を選択
適用ボタンを押します。

モデリング編_029__0000

立体選択/移動ツールで顔を選択。

モデリング編_029__0001

立体(B)→曲面にする(R)をクリック。

モデリング編_029__0002

顔のモデルができましたね。
次は目玉入れです。

モデリング編_029__0003

ツールウィンドウから円柱を選択します。

モデリング編_030__0000

レイヤーの目を選択します。なければ作って下さい。
レイヤー顔の鉛筆マークをクリックして外してください。
顔は編集しない設定になります。

モデリング編_030__0001

目の位置に円柱を作ります。

モデリング編_030__0002

円柱の頭の部分を選択して、

モデリング編_030__0003

持ち上げツールを選択して、
正面でちょっとだけ横にずらすようにドラッグします。

モデリング編_031__0000

図のように持ち上げた部分を、拡大縮小ツールで、調整します。

モデリング編_031__0001

この工程を繰り返します。

モデリング編_031__0002

頂点選択ツールで加工した部分を選択します。

モデリング編_031__0003

メニューの編集(E)→ グループの解除(O)を選択します。

モデリング編_032__0000

目の光や影の部分を頂点をずらして作っていきます。

モデリング編_032__0001

頂点選択ツールで加工面を選択して、

モデリング編_032__0002

ツールバーの加工(P)→ 鋭角にしない(U)を選択し、
目の鋭角部分を解除します。

モデリング編_032__0003

瞳の平面の部分ができました!

モデリング編_033__0000

立体選択/移動ツールを使い、目の厚さを調整して、

モデリング編_033__0001

位置を調整します。
回転ツールを使い、目の角度も調整します。

モデリング編_033__0002

最後にまゆげを作ります。
まゆげのレイヤーを作って、

モデリング編_033__0003

顔の部分に描かれているまゆげのラインを、
頂点移動ツール+シフトキーで選択します。

モデリング編_034__0000

画面で右クリックをして切り取り(T)を選択します。

モデリング編_034__0001

レイヤーのまゆげを選択します。なければ作ります。
メニューバーの編集(E)→ 高度な編集(X)
→ 同じ位置に貼り付け(V)を選択します。

モデリング編_034__0002

まゆげをレイヤーまゆげに貼り付けます。

モデリング編_034__0003

まゆげをモデリングします。

モデリング編_035__0000

まゆげの出来上がりです!
次にほっぺを作ります。

モデリング編_035__0001

ツールウィンドウから円柱を選択します。

モデリング編_035__0002

円柱でほっぺを配置します。

モデリング編_035__0003

立体選択/移動ツールを使い、ほっぺの厚さを調整して、

モデリング編_036__0000

角度を調節しながら、適切な位置に配置します。

モデリング編_036__0001
顔の出来上がりです!

おつかれさまでした!
あとの部分は、コツさえつかめばすぐ作れるようになれますよ。
明日は耳のモデリングを行います。


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。