立憲民主党タウンミーティングに行ってきました。

ぴよキャラ先生
今回のタウンミーティングは、立憲民主義について鹿野哲義先生を迎え、勉強をしながら意見交換を行いました!

ぽりんちゃん
鹿野先生って、なんか物語に出てくる老賢者って感じの人よね~

立憲民主主義とは

民主制とは国家権力の源は、国民にあり、国民に主権があるものです。
しかし、権力というのは時間とともに腐敗するものです。
民主制は、時間をかけて議論しても決まらないときは、多数決というこになりますが、必ず良いものになるとは限りません。
(ナチスのヒトラー政権も、民主主義で選ばれた政権であることを忘れてはいけません。)

国民の力によって三権のトップが任命されるという形をとっていますが実際はどうでしょう?

国家で多数を握ると、どんなこともできてしまいます。

いくら多数派でも超えてはいけない一線があります。

その超えてはいけない一線を越えさせないようにするのが憲法で、憲法に基づいて政治を行うのが立憲主義です。

憲法と言うのは権力濫用の防止装置です。

権力から守られるべき国民の権利とは、

基本的人権(思想の自由、苦役からの解放)

社会権(学習権、生存権、労働権)

戦争のない社会で生きる権利

などがあります。

権力はいつでもわがままになり、濫用されてしまうので、常に監視を怠ってはいけません。

タウンミーティングの様子です!


PAGE TOP