UnrealEngine4で波動拳(補足説明)

UnrealEngine4で波動拳(補足)

ぴよキャラ先生
前回はキャラクターが波動拳を打つブループリントを仕上げました。

ぴよキャラ先生
しかし、プレイしてみるとある問題に気が付きつきます。

UE4アニメ修正その1ジャンプしようと、スペースバーを押しっぱなしにすると、ジャンプのアニメがループ再生されてしまいますし、スペースバーを連打すると、ふなっしーのような変な動きになってしまいます。波動拳でも同じ現象が起きます。
今回はこれを修正します。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_001アンリアル・エディタを起動し、テストMMDをダブルクリックして開きます。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_002BP_キャラクターアニメをダブルクリックして開きます。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_003ブループリントを見てみると、キーを押している間だけアニメーションが再生されるようになっているのが分かりますね。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_004変数ジャンプと波動拳のピンを右クリックして、ワイヤの接続を切断します。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_005接続が解除されました。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_006グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、sequence と入力し、Sequence を選択します。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_007Sequence が配置されました。このSequenceは上から順番に実行していくというノードです。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_008グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、ブランチと入力し、ブランチを配置し複製します。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_009グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、do と入力し、DoOnce を配置し複製します。
この DoOnce は、一回だけ実行するというノードです。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_010さらにSequenceをふたつ複製して配置します。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_011グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、delay と入力し、Delay を配置し複製します。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_012Delay が配置されました。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_013変数ジャンプと波動拳を複製します。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_014図のようにジャンプと波動拳のチェックボックスにチェックを一個づつ入れます。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_015Sequence と、ブランチを図のように繋ぎます。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_016DoOnceとSequenceも図のように繋ぎます。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_017Delay と変数ジャンプと波動拳を図のように繋ぎます。Delayに繋がる変数はチェックが外れていることを確認してください。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_018両方のDelay の Duration に0.8を入力します。

UnrealEngine4で波動拳を打つBP補足__0017_01レイヤー 18画像をクリックするとブループリントの全体を見ることができます。
キーを押すと、1回だけ0.8秒のアニメが再生され、キーを離すと、リセットされるというプログラムです。
波動拳を打つタイミングもこれに合わせる必要があります。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_019BP_キャラクターをダブルクリックして開きます。

UnrealEngine4で波動拳(補足)_020Delay の Duration に 0.8 と入力します。

早速コンパイルして、プレイしてみましょう。

UE4アニメ修正その2波動拳は修正されましたが、ジャンプが微妙な感じです。ジャンプの Delay も調整してタイミングを合わせます。

ジャンプに繋がる Delay の Duration を1.1に変えてみました。

コンパイルしてプレイしてみます。

UE4アニメ修正その3正常な動きになりましたが、あるタイミングでたまに変な動きになったりします。
これを改善する方法は宿題とさせてください。

ぴよキャラ先生
もっと良いプログラムを思いついたらすぐ記事を上げますね!
ぴよキャラ先生
補足説明の記事は、次回も続きます。

PAGE TOP