UnrealEngine4で波動拳 その2

2017年6月8日

UE4Twitter010

ぴよキャラ先生
前回は、弾がまっすぐ飛んで5秒経つと消える、というブループリントを作りました。

ぴよキャラ先生
今回は、そのブループリントをキャラクターから弾が飛び出すように改造します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_001アンリアル・エディタを起動して、テストMMDをダブルクリックして開きます。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_002インポートしたMMDキャラクターの Skeleton をダブルクリックして開きます。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_003Skeletonが開かれました。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_004スケルトンツーリーを右クリックして、ソケットを追加を選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_005ソケットの名前を波動拳にします。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_006波動拳を選択した状態で移動アイコンをクリックして移動できるようにします。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_007波動拳のソケットを移動して、胸とおなかのあたりにもっていき、波動拳が発生するポイント
にします。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_008上から見てこのくらいの位置が良いでしょう。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_009BP_キャラクターをダブルクリックして開きます。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_010イベントグラフのタブをクリックして、イベントグラフを出します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_011グラフを右クリックして、検索窓を開き、bと入力し、キーボードイベントの B を選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_012キーボードイベントの B が配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_013グラフを右クリックして、検索窓を開き、getsoc と入力し、Get Socket Transform (Mesh)を選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_014Get Socket Transform (Mesh) が配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_015Get Socket Transform (Mesh)の In Socket Name に波動拳と入力します。
これはソケットを指定するノードです。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_016グラフを右クリックして、検索窓を開き、spawnactorと入力し、クラスからアクタをスポーンしますを選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_017スポーンアクタが配置されました。これはアクタをマップ上に登場させるノードです。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_018ClassにBP波動拳を指定します。これでBP波動拳をマップ上に出現させることが可能になります。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_019ノードを図のように繋ぎます。Bキーを押すとソケット波動拳からBP波動拳が出て来る、というブループリントができました。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_020さらに、波動拳を飛ばす角度の指定が必要です。
BP波動拳をダブルクリックして開きます。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_021イベントグラフのタブをクリックして、イベントグラフを開きます。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_022グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、getplay と入力し、Get Player Pawn を選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_023Get Player Pawn が配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_024グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、getact と入力し、GetActorRotation を選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_025GetActorRotation を図のように繋ぎます。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_026グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、rotatev と入力し、RotateVector を選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_027RotateVector が配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_028マイブループリントの変数のワールドセッティングを、ドラッグ&ドロップし、ゲットで配置します。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_029変数ワールドセッティングのゲットノードが配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_030図のように繋ぎます。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_031マイブループリントの変数の「+」をクリックします。

UnrealEngine4で波動拳その2-1_032出てきた変数の目のアイコンをクリックして目を開きます。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_001詳細パネルの変数名をスピードに、変数の型を Float にして、コンパイルした後に、デフォルト値に 10.0 と入力します。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_002変数のスピードをドラッグ&ドロップして、ゲットで配置します。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_003変数のスピードがゲットノードで配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_004グラフ上を右クリックして、検索窓を開き、*を入力し、vector*float を選択します。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_005vector*floatが配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_006vector*floatを図のように繋ぎます。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_007マイブループリントの変数ワールドセッティングをドラッグ&ドロップして、セットで配置します。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_008変数ワールドセッティングが配置されました。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_009ワールドセッティングを図のように繋ぎ、コンパイルして完成です。

UnrealEngine4で波動拳その2-2_010BP_キャラクターをダブルクリックして開き、SpawnActor ノードにスピードの項目が追加されているのを確認します。
スピードの値が10.0になっていれば正しく作動します。
0だったら10を入力します。
コンパイルしてプレイボタンを押してみましょう。

UnrealEngine4で波動拳その2_1Bキーを押すと弾が発射され、方向キーでキャラクターを動かすと、キャラクターが向いた方向に弾を打てます。打った弾は5秒後に消えます。
うまく動きましたか?

ぴよキャラ先生
次回は、これに波動拳のアニメーションとエフェクトをつけます。

PAGE TOP