UE4でMMDユーザーモデルを動かす(アニメ編 その3)

2017年6月5日

UE4MMDアニメその3

ぴよキャラ先生
前回はステイトマシーンのプログラムを組みました。


ぴよキャラ先生
今回は、BP_キャラクターアニメのイベントグラフでブループリントを組み、ゲームを仕上げます。

UE4アニメその3_001アンリアル・エディタを起動して、テストMMDのマップをダブルクリックして立ち上げます。

UE4アニメその3_002BP_キャラクターアニメをダブルクリックして開きます。

UE4アニメその3_003イベントグラフのタブをクリックします。

UE4アニメその3_004グラフ上で右クリックして、検索窓を開き try と入力して Try Get Pawn Owner を選択します。

UE4アニメその3_005Try Get Pawn Owner が配置されました。

UE4アニメその3_006Try Get Pawn Owner のReturn Value からワイヤーを引っ張り、検索窓が開かれたら getvと入力して、Get Velocity を選択します。

UE4アニメその3_007Get Velocity が配置されました。

UE4アニメその3_008マイブループリントから変数のキャラクタースピードをドラッグ&ドロップしてセットで配置します。

UE4アニメその3_009キャラクタースピードのセットノードが配置されました。

UE4アニメその3_010Get Velocity の Return Value からワイヤーを引っ張り検索窓が開いたら、vectorl と入力して、VectorLength を選択します。

UE4アニメその3_011図のように接続します。

UE4アニメその3_012グラフ上を右クリックし、検索窓を開き、getplayと入力して、Get Player Controller を選択します。

UE4アニメその3_013Get Player Controller が配置されました。

UE4アニメその3_014Get Player Controller の、Return Value からワイヤを引っ張り、検索窓が開いたら isinputと入力して、Is Input Key Down を選択して配置します。
続けて Key の Any key をクリックします。

UE4アニメその3_015キーボードのスペースバーを選択します。

UE4アニメその3_016図のように配置されます。

UE4アニメその3_017マイブループリントから変数のジャンプをドラッグ&ドロップして、セットノードで配置します。

UE4アニメその3_018ジャンプのセットノードが配置されました。

UE4アニメその3_019ノードを図のように繋いで完成です 。

UE4アニメその3_020コンパイルボタンを押してプレイしてみると、何か動きが変だったりします。そんなときはブレンドスペースで調整しましょう。

UE4でMMDユーザーモデルを動かす

プレイボタンを押した後、一度クリックし、矢印キーで動かして歩行、Tキー+矢印キーでダッシュ、スペースバーでジャンプです。ちゃんと動いていますか?

ぴよキャラ先生
このシリーズはこれで終了です。
ぽりんちゃん
次回は、このシリーズを一覧できるようにまとめてご紹介しますね!

 


PAGE TOP