UE4でMMDユーザーモデルを動かす(ブループリント編 その3)

2017年6月5日

UE4ブループリント変数

ぴよキャラ先生

ぴよキャラ先生
今回は、プログラムがちょっと複雑になる前に、変数を使ったブループリントについて練習をします。

UE4MMDモデル動かす変数__0000アンリアル・エディタを立ち上げ、前回のプロジェクトに新しいレベルを追加して、テスト変数と名前を付けます。

UE4MMDモデル動かす変数__0001ブループリントから、レベルブループリントを開くを選択して、レベルエディタを開きます。

UE4MMDモデル動かす変数__0002マイブループリントから「+変数」をクリックします。

UE4MMDモデル動かす変数__0003変数が追加され、変数名が入力可能になります。

UE4MMDモデル動かす変数__0004変数名をナンバーにしました。

UE4MMDモデル動かす変数__0005変数の詳細パネルの変数の型を Integer (整数)にします。

UE4MMDモデル動かす変数__0006コンパイルボタンを押して、コンパイルします。

UE4MMDモデル動かす変数__0007詳細パネルのデフォルト値が入力できるようになりますので、「1」と入力してみましょう。
こうすることによって、最初からナンバーという変数に1が入っている状態になります。

UE4MMDモデル動かす変数__0008作った変数ナンバーを、マイブループリントからエディタ上にドラッグ&ドロップします。

UE4MMDモデル動かす変数__0009ゲットかセットが選択できます。今回はゲットを選択します。

UE4MMDモデル動かす変数__0010ゲット変数ナンバーが配置されました。

UE4MMDモデル動かす変数__0011配置した変数のとなりあたりを右クリックして、検索窓を表示し、「+」を入力して、integer+integerを選択します。

UE4MMDモデル動かす変数__0012図のようにノードが配置されます。

UE4MMDモデル動かす変数__0013ナンバーの変数のピンからワイヤを伸ばして、図のように繋ぎます。

UE4MMDモデル動かす変数__0014+ノードのとなりを右クリックして、検索窓を開き、print と入力して Print String を選択します。

UE4MMDモデル動かす変数__0015Print String ノードが配置されました。

UE4MMDモデル動かす変数__0016+ノードの出力ピンからワイヤを伸ばして In String のピンと繋ぐと、図のような状態になります。

UE4MMDモデル動かす変数__0017右クリックで検索窓を開き、1と入力して、Num 1を選択し、Num 1 ノードを配置します。

UE4MMDモデル動かす変数__0018Num 1 ノードの Pressed からワイヤを伸ばし、Print String と繋ぐと、プログラムが完成します。
このプログラムは、テンキー1を押すと、変数のデフォルト値1に1をプラスして出力するというものです。
コンパイルボタンを押してコンパイルし、プレイしてみましょう。

UE4MMDモデル動かす変数__0019テンキー1を押すたびに、2と表示されれば成功です。

ぴよキャラ先生
変数というのは、字の通り変わる値のことを指しています。
ゲームでは、スピードやスコア、ライフゲージなどに使いますね。
プログラムでは、物体の座標などにもこの変数を用います。
ぴよキャラ先生
次回は、この変数を使ってキャラクターのスピードを制御します。

 

 


PAGE TOP