Blenderのダウンロード、インストール方法

2017年5月24日

ぴよキャラ先生
Blenderのインストールは簡単です。
Windows版は「zip」と「インストーラー」が選べますが、「zip」の方をお勧めします。
その理由は、自分の望む場所にBlenderを置くことができるためバックアップが容易になるからです。
ぽりんちゃん
ここで一つ、大切な確認です!!
非常に基本的なことですが、ダウンロードしたファイルは解凍する前必ずセキュリティソフトでウィルススキャンするようにしてください。
信頼されている大手のサイトであっても、密かに乗っ取られてウィルスが仕込まれていることがあります。
大切なパソコンを守る意味でもセキュリティソフトでのウィルススキャンは習慣にしましょう。

Blenderのダウンロード

Blenderインストール__0000ブラウザでBlender.jpに行きます。ここは非公式の個人サイトですが、老舗と言ってもよいくらい早い時期から日本語でBlenderに関する情報を提供しているところです。公式サイトは英語版なので、初心者の方にはこちらの方がわかりやすいと思います。

Blenderインストール__0001「クイックリンク」の「Blenderのダウンロード」をクリックします。

Blenderインストール__0002Windows版、Mac OSX版、Linux版がそれぞれあります。
対応するものを選んでダウンロードし、解凍します。

Blenderの起動の仕方

Blenderインストール__0003

Windows版 Blenderの起動

解凍したフォルダの中にある「blender.exe」をダブルクリックすると起動します。

Mac OSX版 Blenderの起動

解凍したフォルダの中にある「blender.app」をダブルクリックすると起動します。

Linux版 Blenderの起動

解凍したフォルダの中にある「blender」をダブルクリックすると起動します。

Blenderの過去バージョンの入手

書籍を買って勉強しようとしたとき、その書籍で扱っているBlenderのバージョンが古く、インターフェイスの配置などが微妙に違うこともあります。
そんな場合はこちらからBlenderの過去のバージョンが入手可能です。

おススメのバージョン

ボク的にお勧めのバージョンは2.76です。
書籍などにもよく登場するバージョンです。
ボクが使っていて落ちたことはありませんし、比較的安定していると思います。

Blenderの動作環境

OS
WindowsXP以降
MacOSX10.5以降
Linux

最小動作環境
CPU:2GHzのシングルコア
RAM:512MB
GPU:64MB RAM OpenGL対応
マウス:3ボタン

推奨動作環境
CPU:2GHzのデュアルコア
RAM:2GB
GPU:512MB RAM OpenGL対応
マウス:3ボタン”
※情報の出典 「キャラクターを作ろう!3DCG日和。Vol.3」より

グラフィックボードについてはGeForceなどのゲーム用グラフィックボードでも問題なく動きます。本格的にやりたい場合は、Quadroなどの業務用グラフィックボードを選定しましょう。


PAGE TOP