六角大王使いのためのBlender入門その4

アーマチュア(ボーン)を設定する。

Blender_005__0000作成したモデルを、読み込みます。
六角大王で作成したモデルをBlenderに読み込む方法
Blender_005__0001「追加」→「アーマチュア」→「単一ボーン」

Blender_005__0002ボーンが追加されます。

Blender_005__0003ボーンを選択した状態で、編集モードにします。

Blender_005__0004アーマチュアの設定で「レントゲン」にチェックを入れます。

Blender_005__0006大きさと位置を調整します。

Blender_005__0007「E」キーを押して、「Z」キーを押します。そして、ドラッグしながらボーンを繋いで作成します。

Blender_005__0008オプションのタブをクリックして、アーマチュアオプションの「X軸ミラー」にチェックを入れます。

Blender_005__0008肩の所だけ、「Shift」+「E」キーを押してドラッグします。
あとは「E」キーを押してドラッグして腕のボーンを作ります。

Blender_005__0010足の股関節も「Shift」+「E」キーを押してドラッグして作り。残りの脚のボーンは、「E」キーを押してドラッグして作ります。

Blender_005__0011分かりやすいように、ボーンに名前を付けましょう。右と左は「_R」「_L」で表記しましょう。

Blender_005__0012アウトライナーで「Shift」キーを押しながら、メッシュとアーマチュアを選択します。

Blender_005__0013「オブジェクト」→「親」→「自動のウェイトで」を選択します。

Blender_005__0014もう一度「自動のウェイトで」を選択します。

Blender_005__0015アーマチュアを選択して「ポーズモード」にします。

Blender_005__0016メッシュを選択して、「ウェイトペイント」にします。

Blender_005__0017ポーズモードのボーンを選択して、該当するメッシュにウェイトを塗っていきます。

Blender_005__0018全部塗り分けできた時点で、ポーズモードでボーンを動かすと、モデルにポーズをとらせることができます。


PAGE TOP